Sanamchandra Palace

サナームチャン離宮

サナームチャン離宮はプラパトム大仏塔とシラパーコーン美術大学のタップキョウ分校の近くにナコーンパトム県にある。バンコクから約60キロメートルくらい離れている。

サナームチャン離宮の歴史は、明治40年(1907年)の時にワシラーウット皇太子(それから第6代王様に即位した。)がピマーンパトム宮殿を建設させた。ピマーンパトム宮殿がワシラーウット皇太子の命によりヴィスカムシンプラシット大臣家(タイ人の建築家)に設計され、西洋式で建設された。ワシラーウット皇太子はプラパトム大仏塔に参拝しにきたとき、ピマーンパトム宮殿で宿泊した。

ピマーンパトム宮殿
ラマー6世の記念銅像

皇太子は即位した後、それぞれの宮殿を建設させた。一番目立っている宮殿はチャリーモンコンアード宮殿。チャリーモンコンアード宮殿はフランス国のルネサンスの美術の様式と英国の様式で設立された。宮殿の前にラマー6世の愛犬(チャレー犬)の銅像が安置されている。

チャリーモンコンアード宮殿

タップキョン邸はタイ伝統様式で建てられて、現在の一番きれいなタイ様式の家とほめられた。

タップキョン邸

タップキョウ邸はラマー6世時代に(約1916年)流行した様式で建てられた。現在この邸宅はタイのサッカー歴史が展示している。

タップキョウ邸

離宮の周りに公家の木構造の家がある。現在一部はシラパーコーン美術大学の美術センターに利用している。

美術センター

プラパトム大仏塔

#タイ#タイ旅行 #旅 #タイ観光地 #観光地 #素敵 #タイ離宮 #タイ素敵な観光地

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close